介護職の求人は今後も増加傾向!!介護でキャリアを形成しよう!

介護職の求人は今後も増加傾向!!介護でキャリアを形成しよう!

超高齢化社会を迎えた日本において、介護職は今後も需要があり続ける分野と言えます。身近なところでも介護職に従事している友人がいる人や、近所に介護施設などがあるという方も少なくないでしょう。では介護の分野で仕事を始めるなら一体どのようなことに注意しておく必要があるのでしょうか。

転職するなら介護職がおすすめ!?その気になる理由とは?

未経験者が介護職への転職を考える場合、一番の疑問は「未経験の自分で務まるのだろうか」というものです。介護職は誰もが始められるお仕事ではありますが、場合によっては人の命が関係する大変責任の重い業務でもあります。実際に介護職に従事するために介護福祉士や社会福祉士の国家資格があるわけですから、専門知識や専門技術が求められることは言うまでもありません。しかしながら未経験者や資格ゼロの人が介護職には転職できないという訳ではありません。介護は遣り甲斐のある仕事である反面、向き不向きもあるので離職率が高いのが現状です。そのため介護職における求人はいつでもあり、業界全体で慢性的な人手不足が生じています。もちろん誰もが採用されるということはありませんが、未経験者や資格ゼロの人でもチャンスがないということはありません。

どんな人が向いているの?採用されやすい人材とは!?

未経験者や資格ゼロの人でも採用されやすいのは、人と接することが好きな人と言えるでしょう。言うまでもなく介護の仕事では人と接することが大切な業務になります。パソコンに向かって必要な業務を効率的にこなせばよいというものではありません。時にはお年寄りに寄り添って話を聞くことや思いやりのある接し方が必要なこともあります。そのため人と接することが好きという方は介護の仕事に向いていると言えるでしょう。これまで介護職の経験がなくても、サービス業や営業活動などホスピタリティが必要とされる分野で経験を積んで来た人には有利かもしれません。また家庭内で介護経験がある方やコミュニケーション能力に秀でている方であれば、未経験や無資格に関わらず採用されることもあるでしょう。

転職する前に取得しておくと面接に有利!?

未経験や無資格でも採用される介護の仕事ですが、経験や資格があった方が有利なことは間違いありません。介護業界で最も取得しやすい資格と言えば、ヘルパー2級を挙げることができます。国家資格ではありませんが、介護業界においては最もポピュラーな資格と言えます。介護職への転職を検討しているなら、事前に通信講座などを受けてヘルパー2級の資格を取得しておくことをおすすめできます。思い切って転職する前に介護における基礎的な知識を身につけておくなら、面接の際も計画性のある人として見られます。離職する人が多いことから採用する側も適正を見極めたいという思いが強いはずですので、長く介護職の分野で働く意思があることをアピールすると良いでしょう。

気になる年収とキャリアアップの可能性とは!?

老人センターや特別養護老人ホームなどに転職した場合、通常は入社前後に「介護職員初任者研修」を受講することになります。未経験や無資格からの採用だと報酬も少なくなってしまいますが、研修を受けた後に介護福祉士の資格を取得すると一般的に年収が平均250万円から400万円となります。もちろん介護業界でスキルアップをすることは可能で、ケアマネージャーなどの資格を取得すると大幅な年収アップを期待することができます。ケアマネージャーは介護や医療の現場で5年以上の実務経験を持つ人が受けられる資格試験です。実際に転職から最短5年でケアマネージャーになる方もいます。自分の適性を見極めて介護職でキャリア形成したい方にはおすすめしたい資格です。

未経験でも歓迎される理由とは!?キャリアアップには資格が必要

未経験や無資格でも採用されることがある介護職への転職は検討する価値のある選択肢と言えます。中途採用には厳しい日本社会ですが、介護業界ではあらゆる分野で経験を積んだことが活かされる仕事と言えます。人をもてなすことやホスピタリティを示すこと、さらに思いやりや人の役に立ちたいという気持ちが大切になってきます。実際の現場では資格があまり役に立たないことも多くあります。むしろ人のことが好きで、楽しく明るく振舞える人、円滑にコミュニケーションを取れる人が求められています。また介護の仕事はチームで行うことが多いので、協調性やリーダーシップなども欠かせない要素です。もちろん介護職でキャリアアップを図るなら、段階的に取得可能な資格を目指すことが収入のアップに繋がります。介護職への転職を検討しているなら、現在の仕事と並行して介護について学び転職に備えることができるでしょう。

今後も増え続ける介護職における求人!!

外国人労働者やAI技術の進歩によって、日本における求人事情は今後大きく変動していくことでしょう。しかしながら国民の四人に1人が高齢者となる日本では介護職が無くなることは考えられません。人の繋がりや温かいコミュニケーションを必要とするお年寄りにとって、思いやりのある介護従事者は最も信頼できる人となり得ます。これまで日本を支えてきたお年寄りに寄り添い、最後まで笑顔を届けることは実に遣り甲斐のある仕事と言えるでしょう。また自分のした仕事の結果として相手から心から感謝されることは日々のモチベーションに繋がります。介護職には報酬だけでは計れない魅力があることだけは間違いありません。