介護職なら目指したい派遣で働く生活

介護職なら目指したい派遣で働く生活

派遣社員になって働く方法は介護職を選ぶと魅力が大きくなります。一般的に懸念されているデメリットも覆して自分なりのスタイルで働くことができる職種なので、前向きに派遣で働くことを検討してみてはいかがでしょうか。

ライフスタイル優先の仕事が可能

介護職で働いていると現場の状況に振り回されて生活しなければならなくなることがしばしばあります。業界全体の傾向として人手が不足しているからであり、現場からの要請に応じて勤務時間や勤務日数をギリギリまで増やさなければならないことが多いのが実情です。しかし、派遣の場合には現場で正規雇用されるわけではないため、残業や休日出勤などを命じられることはありません。派遣社員になっている場合には雇用契約は派遣会社との間で締結されていることから現場側には残業などを命じる権限はないのです。派遣契約をしたときに残業などの命令を下せる権限を現場に与えた場合にはこの限りではありませんが、通常はそのような形の契約にすることはないので問題ありません。契約して定められた規定通りに働くことができるため、仕事の選び方次第でライフスタイルを優先して仕事に従事することができます。私生活を優先することもできる一方で、たくさん働いて稼ぎたいという場合にはいくつかの仕事を掛け持ちすることも可能です。ライフステージが変わることによって働き方を変えたいと考えたら速やかに変更することができる柔軟性があります。これが派遣で働くメリットとしてよく注目されているものです。

一般的な派遣のデメリットも克服

一般的に派遣社員があまり好まれていない傾向がありますが、これにはれっきとした理由があります。派遣契約には期間が定められていて、契約期間が切れたらまた別の仕事を探さなければならないのが原則です。一般的な職種では仕事の獲得に苦労することが多くなっています。これは即戦力の人材を獲得するために派遣を依頼している企業が多いからですが、介護職の場合には少し状況が異なっているのが現状です。介護職の人材が不足している現場が多いため、即戦力でなくとも採用するという傾向があります。もし少しでも現場経験があるのならすぐに一人前に仕事をしてくれると期待されて即採用になる可能性が高いのです。そのため、次の仕事が手に入らないのではないかという懸念を抱く必要がなく、安定して仕事を手に入れることができます。一般的には仕事が不安定なのがデメリットとしてよく知られていますが、介護職で働いていく場合には問題にならないのです。

新しい職場への挑戦へのサポート体制もある

派遣会社に登録して介護職で働くことを選ぶと、派遣会社から提供されているサポートサービスをフル活用することができます。例えば今まではずっと特別養護老人ホームで働いてきたけれど、これからは訪問介護にチャレンジしたいと思うこともありますが、このようなときに役立つ研修制度を持っている派遣会社が多くなっています。派遣会社側としても基本的には即戦力になる人材を現場に送り届けて、優秀な人材を派遣してくれて助かったという感想を述べてもらうことを重要視しているのが実情です。それがさらに新しい依頼をもらえることにつながるからであり、派遣するからにはできるだけ能力が高い状態になって欲しいと考えています。そのため、研修制度を充実させて即戦力になれるように教育を行ってもらうことができるのです。ブランクがあるというときにも研修を受けて速やかに現場に順応できるようにサポートしてもらうことができます。このような充実したサポート体制が確立されていることから、働きたいと思ったときに気軽に多様な仕事に従事することができるのです。

しっかり働ければ福利厚生も充実

介護系の派遣会社では人材確保のために福利厚生も充実させる傾向が強くなってきました。一定以上の仕事を受けて働いていることを条件にしていることが多いものの、正社員として介護施設で働いているのと同等かそれ以上の待遇すら提供していることも多くなってきます。有給休暇や育児休暇、出産休暇などの休暇制度に加えて、育児支援などの家庭のサポートも行っていることが増えているのが現状です。独自の福利厚生に加えて、大手のサービスを利用できるようにすることで幅広い福利厚生を受けられるようになっている現場が多く、十分に時間を費やして働きながらも私生活も大切にしたいという人の要求に応えられるようになっています。

介護職なら派遣が魅力

介護職で働くときには派遣社員で働くことを考慮することが大切です。一般に言われるような仕事の不安定さがないのが介護業界で派遣で働くメリットであり、むしろ経験があれば多くの仕事から好みのものを選べるようになっています。仕事の選び方次第で自分なりのライフスタイルを優先して働くことができるため、仕事を重視したい人も私生活を楽しみたい人も状況に応じて好みの働き方を選べるのが魅力です。研修によるサポート体制も福利厚生も充実するようになってきていることから、介護職で働く上で魅力の大きい勤務スタイルになっています。