注目を増す介護職の求人

注目を増す介護職の求人

高齢化社会の進行とともに注目を増してるのが介護現場です。ホームヘルパーやケアマネージャー、ケースワーカーなどの活躍ぶりが、日本全国各地で目立っています。まだまだ増えることが予想されるニーズに応えることが期待されます。

増え続ける介護ニーズ

介護職の求人が増えているのは、それだけ多くのニーズがあることを物語っているのではないでしょうか。先進国と呼ばれる中でも突出して高齢化が進む日本の事情が背景にあることも忘れてはいけません。
日本全国各地で、ケアハウスや老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの建設が相次いでいるのも、将来に向けての動きといえます。当然ながら、介護施設が増えることで、介護職員が必要になります。ホームヘルパーやケアマネージャー、ケースワーカーなどの確保をすることが、施設にとっての課題になります。そういう意味では、介護職員は引く手あまたの状態なのです。
介護サービスが必要になるのは、一般的には高齢者です。特に75歳を過ぎるあたりからは、加齢による身体的機能の衰えや認知症患者の増加が顕著になり、介護の必要性が高まることになります。日本では、2010年代を迎えて以降、人口減少社会となりましが、75歳以上の高齢者の数は増加の一途をたどっているのです。

まだまだ成長する分野

高齢者の数が増えることについては、国家運営を考える上でのネガティブな要素になっていることも事実かもしれません。政府では、危機的状況などとして、対策を講じようと躍起になっています。しかしながら、介護サービス事業者や介護にまつわる機材や器具を製造開発する企業にとっては、願ってもないチャンスの到来といえます。いわゆる成長産業として位置付けられており、熱い視線が注がれているのです。確かに国や自治体の予算配分や給与水準の低さなどの課題があることも事実ですが、今後もますます伸びていくことが期待されます。
介護サービスの拡充が待たれる中、介護職員の数も増え続けています。介護保険制度が日本に登場してから長い年月が経ちましたが、介護職員の数もうなぎのぼりの状況です。そして、この状況が続くことが予想されており、ホームヘルパーやケアマネージャー、ケースワーカーなどの職員にとっては、極めて活躍の場が増えることになります。

より良いサービス提供を

確かに日本全体を見渡してみても、元気で活躍する高齢者が目立ってきました。「人生100年時代」と政府が公言していることにも、長寿社会への自信と覚悟を示しているのでしょう。
介護分野の成長が大きく期待されるのは、やはり、この分野に対しての大きく国家予算が配分されていることもまぎれもない事実です。国家予算のうちの多くの割合が福祉医療費として割り当てられることになります。大きな議論となっている税金の使い方ですが、医療介護現場のためにも大きく振り向けられています。このように税金などの公金によって運営費用が賄われていることも、介護現場の特徴です。世のため人のためというイメージが強い介護現場の仕事ですが、むろん、ボランティア活動をしているわけではありません。しっかりとした経営という観点からの取り組みがなされなければなりません。より良いサービスを提供してお金を稼ぐという発想とも決して無縁の世界ではありません。

世代を問わずの活躍ぶり

「介護現場の仕事はキツイ」「給料が安い」などのイメージが強いとされる介護業界ですが、その様相も大きく変貌を見せています。学校を卒業して間もない若者や子育てが一段落した主婦、現役世代を引退したシニアなどにも人気の職種としてもクローズアップされるようになってきました。やはり、理由としては成長性が見込めるという点があるのではないでしょうか。
介護現場の仕事が世代を問わず受け入れられるようになってきたのは、それぞれに見合った働き方ができるからといえるのかもしれません。若手であれば、まだまだ体力がありますので、入所者を抱きあげたりすることも容易にできます。経験がなくてもできる仕事の多くをこなすことができます。一方、主婦やシニアでは、人生経験を活かしての仕事で実力を発揮することができます。育児や過去の仕事の経験を遺憾なく発揮できる場所となります。

誰でも活躍できる仕事

他の業界と比較しても格段に求人数が多い介護業界は、日本にとっても注目の業界といえるでしょう。高校や大学などの学校を卒業してから新卒として勤務する人も多いのですが、転職先としても大きく支持を集めています。
年功序列や終身雇用といった働き方が完全に崩壊した日本では、転職への抵抗感も全くといっていいほど、なくなりました。介護現場が転職先として多くの人に選ばれるのは、誰もが活躍できる現場だからです。特別なスキルやノウハウ、テクニックなどを持ち合わせていなくても活躍できるという点が大きなポイントです。入所者のトイレや食事、入浴などの介助やイベントの企画運営などと、やる気さえあれば、誰にでもできる仕事です。雇用の受け皿としての役割にもなっているのです。